マンション 住み替え 諸費用

分譲マンションを住み替える諸費用がわかるために調べてました

今の住宅を住み替えるためには、いろいろと検討しないといけないことも多いんですよね。

 

分譲マンションなのですが、やはり住宅ローンの残債も残ってますし、住み替えが実現できるのか・・と疑問に思ってました。

 

というのは、実際にマンションを住み替えるとなると、想定していなかったような諸費用がかかってきそうなんです。

 

単純に、今の家を売る→売れた価格を新しい一戸建て住宅なりの購入資金に充てる・・という感じではなさそうで。

 

単純に今の分譲マンションの一部屋がどれくらいの値段で売れるのかもわかりません。

 

不動産の査定価格や相場がわかったとしても、スムーズに買い手が付くのか?も不明です。

 

 

・・・気になる諸費用ですが、

 

マンションを売る場合:

 

繰り上げ返済の手数料、抵当権抹消登記費用、売買契約の印紙代などが、だいたい3万円から7万円ほどでしょうか。

 

あとは別途、売却を仲介してもらう不動産会社に支払う「仲介手数料」がかかります。

 

具体的な仲介手数料は、主に売却代金の3%ほど+数万円ぐらいになるそうですね。

 

マンションの住み替えで、今の分譲がいくらで売れるのかはわかりませんが、1千万円単位で売れたとしても数十万円ぐらいの諸費用はかかるかもしれません。

 

一戸建て住宅や分譲マンションなど、購入する場合

 

新しく組む住宅ローンの諸費用がかかってきて、他にも細かい諸費用(火災保険、管理費などの公租公課、印紙代、登記費用など)もあります。

 

あとは、また購入を仲介会社に依頼する場合の仲介手数料が3%ほど+αぐらいでしょうか。

 

だいたいは、購入した価格の5%から10%は諸費用が出てきそうな形なのでしょう。

 

 

ただ幸いなことに、マンションを売却したときの税金については住み替えるなら問題はなさそうでした。

 

今の家が売れた金額よりも購入した家の金額の方が高ければ、「利益」が出ないので税金はかからないそうです。

 

ということで、本気で今の分譲マンションを住み替えることを考えるのなら、まずは自分の住宅の価格は知っておいた方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 


page top