マンション 住み替え 失敗

分譲マンションを住み替える人の失敗のケースは・・どんな場合でしょうか

今住んでいる分譲マンションを住み替える・・住み替え先が一戸建てにしろマンションにしろ、また新しく住宅を購入して買い替えるというのは骨が要りますね。

 

現在住んでいるのが賃貸マンションや貸家だったら、住み替えるのは必要資金があるかないか?だけですから楽ではありますが。

 

でも、分譲マンションや、購入して建てた一戸建て住宅から住み替える場合には、「まず今の家を売却して」、「売れて入ってきたお金を元手に新しい住宅を購入する」・・という難しさがあるんですよね。

 

この手続きがスムーズにいくのかどうか?というのが、失敗するか成功するかの最大のポイントじゃないでしょうか。

 

マンションを住み替えるといっても、かなり個人差もあるというかケースによって状況も違いますので、一概にこういう手続きをすれば大丈夫!とはいえないです。

 

ただ共通しているのは、「希望したような価格でうまく売れなかった」とか、「手数料(特に仲介手数料など)が思ったよりもかさんだ」とか、予定外のことがあってローンを組まざるを得なかったとか、そのような感じでしょう。

 

仲介してもらう不動産屋によっては仲介手数料の問題も出てきたり、売りに出しても買い手がつかない、売却価格が実際はかなり下がってしまったとか、いろんな話もあるようです。

 

もちろん、家を売って、また購入する手続きをするわけですから、売りに出すタイミングや購入申込をするタイミングなど、素人が行うには難しい面もあるとは思いますね。

 

普通に住宅ローンを組んでわが家を購入する人よりも、失敗しないためにも数倍は慎重に計画して検討する必要があると思います。

 

では何も知らないときに、具体的にどうするのが一番いいか?ですが。

 

自分でいろいろ「住み替え」について調べた上で、取引を任せる不動産会社を探して売り買いを行える自信があるのでしたら、自分で行うのもいいと思います。

 

ただ実際は、失敗しないように住み替え手続きを進めるのは複雑なので、事前に住み替え・買い替え関連の専門家によく相談してから、適切な提案を受ける方が楽だったりします。

 

ネット上で今の家の売却価格を調べられるイエイさんなどでは、相談員の人にマンションの住み替えについても無料でよく相談できるのでおすすめですね。

 

イエイ不動産の無料査定・相談サービス